01

とあるブログでジンギスカンの記事を読んだ夜・・・。
私も食べたくなって、近場で店を探すことに。

数日後にやってきたのは、千葉の本八幡にある「 ゆきだるま 」。
本店が中野にあり、元力士の方が作られた店なんだとか。
なので支店名が 『 本八幡部屋 』 ということなんでしょうね。

02

予約をしてツレと訪問。入口近くの二名席に案内されました。

03

フードメニューです。
この他に4480円の 『 90分食べ&飲み放題 』 もあるそうですが
食べ放題に挑むほど胃も心も若くもないので(泣)、アラカルトで注文。

まずは肉、玉ねぎ、ししとう、ピーマンのスタートメニュー・1040円 と
追加肉・840円 を頼みました。
あとぐるなびのクーポンで 追加野菜セット・0円 もget!

04

ドリンクメニューも載せておきます。

05

ほどなくして野菜が乗った七輪がテーブルに置かれました。
飲み物に私が選んだのは、いつものジンジャーエール。

06

こちらがスタートメニューと追加肉(一人前)分のお肉。
運ばれてきても、羊の臭みとか全然ありません。

07

ここのラムは国内羊肉輸入量のわずか1%の
アイスランドシープという貴重な羊肉を使っているんだとか。

アイスランド産の羊って、食べるのは初めてかも!?

08

野菜をジンギスカン鍋に盛った後、早速ラムを焼き始めます。
店の方によると、レアかミディアムレアで食べるのがオススメとのこと。

09

両面を軽く焼いて、まずは塩ベースの特製スパイスでいただきます。

・・・うおっ! 美味い!

脂には羊特有の臭みが無く
赤身を噛むごとに旨味と薫りが口いっぱいに広がります。

スパイスもラム肉と相性が抜群ですね。

10

続けてタレでもいただきます。

・・・うむ!こちらも旨し!

キリッと辛めのタレで、甘ったるくないので
ラム本来の味を邪魔せずスッキリした後味に。

このタレで
ラム肉から出た旨味をたっぷりと吸いこんだ野菜を食べると
凄い旨いんですよ・・・。
特に玉ねぎやもやしが、格別の旨さになります。

11

さて次の肉を頼みましょう。
ラムチョップ・525円 を一本ずつ注文。

随分大きさの異なるものが二本運ばれました。
誰がどっちのラムチョップを食べるのか!?
それは私とツレの力関係によって決定されます。

12

まずはでかいラムチョップから焼きましょう。
ジンギスカン鍋で焼くのは中々難しいですね。
全体に満遍なく火を通すには、技術が要ります(笑)。

13

中はミディアムレアで、表面は香ばしく・・・。
いい感じに焼けました。これはやっぱりタレよりも塩ですな。

・・・私が食べたのは小さい方でしたが
脂の甘みが力強く、赤身の味わいが濃厚で美味でしたよ。

この後、ジンギスカンとラムチョップを追加して再び堪能・・・。
そして気がつけば満腹に。 (^^;

正直な話、食べ放題をやってる店なので肉質に期待してなかったのですが
思った以上に美味しくて驚きました。
ラムタンや羊肉のソーセージ、サイドメニューの力士茶漬けなど
気になるメニューがいくつも残っているので再訪せねば!

ジンギスカンを食べるきっかけとなったまいたーんさんの記事は こちら
とても美味しそうですが、旭川は流石に遠いよな・・・。