01

新富町の「 鮨 はしもと 」の後編です。

02

修行先の「都寿司」同様に、器にもこだわりが。

03

ガリはちょっと甘めで、食べやすいタイプ。
ついつい食べ過ぎてしまいます。

04

握りの一貫目は 天草(熊本)の小肌。
旬には早いですが、脂のノリはまずまずで、よい〆加減。

羽釜で炊かれたシャリは、ピシッ!と米粒が立ってます。
赤酢の利かせ方も私好み。

05

続いて 勝山(千葉)の真鯛。
旬だけあって、いい具合に脂が。
熟成もされて、旨味がより増してます。

06

先ほどの鯛はツレの分。
私に出されたのは、皮がたっぷり付いた部分でした。

ご主人が
『 見た目はよくないですが、一番美味しいところです。 』
と一言。

皮好きの私にとっては
見た目もこれ以上ないほどに、美しく見えたのでした。

07

神津島の黒むつ です。
熟成されて、旨味とともに薫りがグッと豊かになってます。

08

つまみでもいただいた 大目マス を握りでも。
ワラで炙ることで、燻したような薫りが付きます。
ネタとシャリの間には、カラシとワサビの両方が。
個人的には、カラシだけの方が好きかもしれない。

09

佐渡の中トロ です。定置網でとれた本マグロ。
脂が軽く赤身の味わいが強めなので、何貫でも食べられそう。

10

鹿児島の鯵 は爽やかな薫りの中に、ふくよかな旨味が。

11

大好物の 九十九里(千葉)の煮蛤。
心地よい弾力で、噛み締めると弾けるように旨味が。
甘みを抑えた繊細な味付けで、蛤自体の甘さを引き出してます。

コレは特に素晴らしかった一貫。

12

鹿児島の車海老。
茹で上がりの海老を冷水で〆て、中はほんのり温かい。
頭のミソと身の甘み、薫りを損なうことのない仕事がされてます。

尻尾を落として出すのが、はしもと流。
希望すれば、尻尾を残して出すことも勿論可能です。

13

ウニ はムラサキとバフンの二種を贅沢に食べ比べ。
淡い甘みのムラサキから先に食べるのをオススメします。

14

香ばしく炙られた 煮穴子 で握りは〆となりました。

15

デザート代わりの 玉子焼。
しっとりとした滑らかな食感がたまらない。

16

最後のお椀も「都寿司」と同じく
ほんの少し味噌をきかせてありますが
こちらはシジミの味噌汁でした。

つまみから握り、最後の玉子やお椀までどれも美味しく
修行先と比べても遜色の無い満足度を得られました。
同行された方々もとても気に入っていただけたようで
早速次回の予約を。
私も今後は頻繁に通わせていただこうと思います。

ご一緒してくださったそうさんの記事は こちら
湯霜にした赤身を追加注文されてまして
それが実に美味しそう・・・。