01

二年ぶりに「 山利喜 」にお邪魔してきました。
予約をせずに18時過ぎに着いたところ、5名ほどの待ち客が。
相変わらずの人気ですね。席に着くまで15分ほど待ちました。

02

禁煙席である地下フロアのカウンターに案内されました。
お通しは切干大根。さっぱりしてて、前菜として最適。

03

メニューはこちら。
この他に黒板に書かれた当日限定の品もあります。
ちなみに価格は全て税抜きとなっております。

04

さて、「山利喜」に来たらとりあえず 煮込み・580円 を食べないと。
玉子を入れたり、ガーリックトーストを付けることも出来ますが
すぐにお腹が膨れてしまうので、今回は我慢(笑)。

05

七味をパラリとかけていただくとたまらん!

ぷるんぷるんの脂が美味いんですよね。
丁寧な下処理をされているので、モツに臭みなどありません。

06

続いて黒板に書かれた 『 本日の刺身 』 から あじ刺身・900円。
同じく黒板メニューから ホンビノス貝酒蒸し・600円。

神奈川産の鯵は適度に脂がのって、品のある美味しさ。
薫りもいいですね。骨せんべい付きなのが嬉しい(笑)。

07

わが地元千葉県産のホンビノス貝は
火を通すと、身が硬くなってしまうのが難点の一つ。

でもダシがたっぷり出るのが魅力!
旨味が出たスープが美味いんですよ。

08

こちらも黒板メニューから。
能登産自家茹で活タコ刺身・650円。

茹でると内側からタコの甘みが引き出されます。
そして薫りがますますふくよかに。
ワサビもいいけど、塩で食べるのがお気に入り。

09

刺身をもう一品。 ガツ刺し生姜正油・530円。
ガツがしっかり火を通されて、シャキシャキの食感に。

煮込み以降、さっぱり系の注文が続いたのは
季節のせいでしょうか? それとも歳のせい・・・?

10

終盤でガツン!と揚物を。
カリッと小アジの青コショウソース・700円。
小鯵の唐揚とナスやパプリカの素揚げに
爽やかな青胡椒ベースのソースをふりかけた
イタリアンな一品。

小鯵なので骨ごと、頭ごとバリバリといただけます。
シンプルですが油切れがよく、スパイシーでクセになる味。
この夜、一番印象に残ったのはコレでした。

11

最後はやきとんを。
しろ(塩&タレ)、はつ(塩&タレ)、軟骨たたき(タレ)・1本140円。

12

塩は良かったけど、タレの味に驚き。
あらっ?
ここのタレってこんなに甘くてしつこい味だったかな?

以前の記憶ではもっとサラッとして、深みもあったような。
・・・私が勝手に思い出を美化してるのかもしれませんね。