01

先週の土曜、9時に築地に到着するも
お目当ての店には長蛇の列が・・・。

こういうときに助かるのが「 磯野家 」です。
隣の「磯寿司」には10名ほどの並びがありましたが
こちらには並ばずに入れました。

02 03

旬のイワシの刺身はおさえておきたいところ。
あと何か一品いただこうと思いまして
目に留まったイカバターを注文することに。

この後ハシゴを考えていたので
どちらも単品でのオーダーとなりました。

04

カツオとイワシのミックス刺身・760円 です。
定食ですと1030円ですが、単品だとこの値段に。

刺身には不向きと思われる器を使うのが不思議なところ。
写真に影が出来やすいので、ブロガー泣かせ(笑)。

05

『 旬 』 真っ盛りのイワシは、見事なまでの脂のノリ。

鮮烈な甘さの後は、驚くほど爽やかなのが上質なイワシの証拠。
これだけ脂がのってても、くどくないんですよ。

06

カツオもちょうど良い具合に脂がのってます。
ほのかに酸味もあって、薫りと旨味の余韻が長い・・・。

脇役とはとても言えない美味しさなのでした。

07

刺身から少し遅れてきた イカバター焼き(単品)・700円 です。
使われてるのは白イカかな?

プリプリのゲソは心地よく噛み切れて、口いっぱいに頬張ると
ワタの甘みとバターのコク、焼けた醤油の香ばしさが
なんともたまらぬ中毒性の強い一品。

またこのタレがしみたキャベツが、素晴らしく美味なのですよ。
イカ自体にボリュームがあったので、少し心配になりましたが
二人で苦も無く完食!
二軒目を考えてなかったら、ここにご飯を入れて
タレまで余すことなくいただいたことでしょう。

二軒目のレポは次回の記事で・・・。