01

旬のイワシを求めて、「 ふなっ子 」に再訪してきました。

02

この日のお通しは、アサリと昆布の煮物。

03

鰯の刺身・550円 を注文すると、前回(記事は こちら)とは違って
脂がたっぷりとのったメタボな鰯が!

強烈な旨味にのっけから圧倒されました。

04

刺身は鰯以外も豊富。
刺身五点盛り・1500円 の内容は
カツオ、平目、イカ、すずき、〆さば。

イカは甘く、白身にはしっかり旨味が。
鰯には負けるものの、カツオと〆さばには十分な脂のノリ。

05

ここで変化球メニューを二つ。
いわし春巻き・550円 と さんが焼・680円。

春巻きは鰯のたたきと山芋を包んで、カラッと揚げたもの。
中はふんわりと揚がって、なんとも上品。

06

さんが焼とは、なめろうを焼いたもの。

香ばしく焼けた薫りがたまらない一品ですが
なめろうに比べると鰯の風味が穏やかなので
個人的にはなめろうをオススメするかな。

07

最初に食べた刺身が衝撃的な美味さだったので、お代わりを(笑)。
二度目でも格別な旨さでした。

08

続いて揚物をもう一品。
小振りのセグロイワシの頭を落として、唐揚に。
ワタの甘さもしっかりと感じられて、美味!

09

揚物の次に煮物を。 梅煮・650円。
ふっくらと炊かれた鰯は身がやわらかく
甘めの煮汁に、梅の酸味が爽やかにきいて旨い・・・。

10 11

最後の〆は いわしつみれ汁・550円。
鰯の削り節でとったダシの中に、ふんわりと仕上げられたつみれが。

あっさりした鰯のダシが、胃の隅々まで行き渡ると
その美味しさに思わず声が出てしまいました(笑)。

今夏に入って既に二度目の訪問ですが
鰯が旨い暑い時期に、もう一度行っておきたいです。