01 02

「池上製麺所」でうどんを食べた後は、
国の特別名勝に指定された『 栗林公園 』へ。
朝は小雨がちらついてたのに、嬉しいことに晴れてくれました。

03

見事な 松 の数々に圧倒されます。
これは園内で最も美しい姿をした松と言われる鶴亀松。

04

癒される風景を眺めながら、一時間ほどのんびりと散策。

05

お腹もいい具合に余裕が出てきたところで
二軒目のうどん屋に向かいます。

06 07

バスを降り、水車の脇の階段を下っていくと・・・。

08

目的地である「 わら家 」がありました。
江戸時代末期のわらぶき屋根の民家を
移築して作られた店。

09

天井が高く、風情のある店内。
ここでも心を落ち着かせてくれます。

10

ここ「わら家」では圧倒的に釜あげが人気。
二番人気のざるうどんと合わせて注文し、食べ比べを。

11

釜あげうどんを頼むと、先にダシの入った一升徳利が。
お酒を燗するように湯煎するため、風味を損なわないのだとか。

12

さぁ、まずは 釜あげうどん(並)・460円 が運ばれてきました。

ツユに薬味をたっぷりと入れたら、準備完了。

13

うどんは持ち上げず、滑らせるようにツユに入れ
一気にいただくと 美味い!

表面がポワンとした優しい食感のうどんは、口の中でモッチモチ!
そしてこの麺が甘いんですよ。

やはりイリコと昆布が主役でありながら
複雑玄妙な旨味と薫りを感じさせるダシも実にイイ。

釜あげうどんって、今までほとんど食べたことがなかったのです。
高松に着いて早くも三杯いただきましたが
本場の釜あげは、こんなに美味いものだったのか・・・。

14

もう一つの ざるうどん(並)・460円 もよかった。

冷水で〆られたうどんは表面に張りが出て、強い弾力が生まれます。
その麺を冷たいツユに入れていただくと、これまた美味い!

温かいツユだと薫りが、冷たいツユだと味が濃く感じられ
どちらも絶品。
素晴らしい食べ比べを体験することが出来ました。

15

これにてバスツアーは終了。
添乗員さんの話はどれも興味深く
最後にはこんなイイものまで貰えて大満足。

この中に何が書かれているか気になる方は
是非『 讃岐うどん味めぐり 』ツアーに参加されてください。