01

金沢滞在最終日は、朝から雪が舞っておりました。
厳しい寒さの中、金沢城観光は早々に諦め
近江町市場 』をぶらつくことに。

02

天候が悪かったせいか、観光客の姿もまばらでした。

03

早めのランチを食べに訪れたのは、市場内にある 「 もりもり寿し 」。
金沢を中心に、全国に支店を持つチェーンですが
入るのはこちらが初めて。
近江町市場にあるこの店舗は、特別に朝7時から営業しています。

金沢は回転寿司の店が非常に多く、競争が激しいとか。
一度試してみたかったのです。

週末は朝から行列が出来るほどの人気ですが
寒さも影響したのか、客入りはイマイチ。
私達にとっては、入りやすくてありがたい(笑)。

04 05

カウンターに並んで座り
温かいお茶にホッとした後、適当に注文を。

おっ! お品書きにガス海老が。
アレは注文必須だな。

06

まずは 近江町三点盛・500円。
中とろ、とび子軍艦、のど黒のセット。
とび子ってのが泣ける・・・。

07

気になるのは、やはりノドグロの味。
脂のノリは悪くないけど、身が水っぽいかな?

08

前夜に「乙女寿司」で感動した 甘海老・380円。
鮮度はまずまずといったところ。

09

こちらでも海老の食べ比べを。
ガス海老・470円。

大ぶりの身が口に入れるとネットリと。
甘みはあるけど、コレも鮮度は微妙かな?
まぁ、天候から考えて時化が続いていたでしょうから
仕方ないかも。

10

刺身もたのんでみました。
おまかせお造り・1300円。
ブリやイカ、赤身にバイ貝、甘海老などの
豪華なラインナップ。

ブリの背と腹を食べ比べさせるなんて
中々憎い趣向じゃないですか。

11

好物のホタルイカも外せません。
生ほたるいか軍艦・260円。

ぷっくりとふくらんだ身を頬張ると
ワタの甘さと香りがなんとも・・・。
ここで一番気に入ったのは、コレでした。

12

お次はそのホタルイカの塩辛を
真イカの墨を使って熟成させた ほたるいか黒造り・180円。

イカスミのコクが足されて、深い味わいに。
塩辛いけど結構イケます。

13

最後にいただいたのは 富山産皮はぎ(肝付)・470円。

ポン酢をかけて食べましたが、身は乾き、肝の味が全然しなくて
正直コレは失敗だったかな? (^^;

今回は時化続きや訪れた時間帯による影響で
おそらく万全のネタが揃った状態ではなかったと思いますが
金沢屈指の人気回転寿司店の実力の片鱗はうかがえました。