01

金沢駅からバス移動でやってきたのは『 白川郷 』。

雪が降ると都内なら到着が大幅に遅れますが
雪道に慣れた百戦錬磨のドライバーは
ほぼ定刻通りに私達を運んでくれました。

02

目の前に広がる美しい銀世界に、テンションが上がります。
国内外からの観光客で一杯でしたよ。

03

雪の白川郷を一度でいいから、この目で見たかったのです。

04

出来るならもう少しまともな写真を撮りたかったけれど
私のデジカメではこれが精一杯・・・。 (^^;

寒さに震えながら二時間弱、観光を楽しんだのでした。

05

白川郷から再びバスに乗り、飛騨高山へ。
この日の宿は高山駅の近くにとっておりました。

06 07

夕食を食べに訪れたのは
CENTER4 HAMBURGERS 」というハンバーガーの店。

ちょっと入口が判り難いですが
雑貨屋の脇の通路を進んだ奥に店があります。

08

こちらには飛騨牛を使ったスペシャルな一品があるのです。

その名も飛騨牛バーガー!

人気があって売り切れることも多いそうですが
この日は運良く残っておりました。

09

私が注文したのは 飛騨牛バーガー・2300円。
ツレは レバーパテバーガー・1050円 を。

ドリンクは ジンジャーエール と コーラ・共に215円。

10

サイドメニューに オニオンリング・550円 も。

カリカリに揚がって、甘みが強いです。

11

そえられた厚切りポテトもホクホクに揚がって美味い。

さて主役の飛騨牛バーガーは
お好みでトマトや玉ねぎを挟んで食べるスタイル。

肉はかなりの粗挽きで、ハンバーグというよりはステーキ。
錦糸町の「シェイクツリー」(記事は こちら)を彷彿とさせます。

12

まずは飛騨牛の味をストレートに試したくて、そのままガブリ!

・・・むぅ、美味い!

赤身の味わいが濃く、甘いのにしつこさのない上質な脂。
香りに特徴がありますね。これが飛騨牛か〜。
この味わいの豊かさから予想するに、熟成させているかもしれません。
肉の味の邪魔をさせないためか
ソースの主張が穏やかなのも好印象。

後半はトマトなどの野菜を挟んで食べると
爽やかさがアクセントになって、より食が進む感じ。
2000円超えという都内のグルメバーガー店もびっくりの
高級ハンバーガーでしたが、試した価値はありました。

ツレのハンバーガーも少しいただきましたが
まろやかなレバーペーストの旨味が足されていい感じ。
飛騨牛バーガーが売り切れのときは、こちらをオススメします。