01

高山からバスで三時間ほどかけて、ようやく名古屋に到着。
雪の影響で20分ほど遅れましたかね。

宿で休憩した後、ツレと二人で夕食をとりに訪れたのは
萬珍軒 」。
19時半に着くと広い店内は満席!
席に座れるまで10分ほど待ちました。

02

こちらは玉子とじラーメン発祥の店。

玉子とじラーメンは名古屋のご当地グルメでありながら
最近はメディアでも取り上げられることが多く
一度でいいから食べてみたかったのです。

03

注文は私が基本の玉子とじラーメン。ツレは担々麺に。
サイドメニューもいただきますかね。

04

ここの名物と書かれた ぎょうざ・400円 を注文。

皮が薄くパリッ!と焼かれてます。
一口サイズで食べやすく、肉汁も十分。ハイレベルな餃子です。

05

お目当ての 玉子とじラーメン・700円 が運ばれてきました。

パッと見た感じは
背脂チャッチャ系のラーメンに見えなくもないですね。
具はチャーシュー、海苔、ネギとシンプル。

06

豚骨と鶏ガラを長時間煮込んだ動物系スープに
卵を二個入れることによって、まろやかでクリーミーな口当たりに。

当然卵の水分によってスープは薄まってしまうのですが
物足りなさを感じさせないのは、
材料を惜しまず、手間隙もかけているから。
熟成させたチャーシューの煮汁が、味の決め手なんだとか。

07

麺は極細で、ほわっほわの玉子スープがしっかり絡みつきます。

麺自体にもコシがあって旨いですよ。

08

こちらはツレの 玉子とじ担担麺・850円。

自家製のゴマペーストとラー油、黒酢を使ったスープは
よりコクが増し、ゴマの香ばしさと刺激的な辛さもあって
美味しさに重厚感が。こちらもいいなぁ。

09

サイドメニューをもう一品。
常連に大人気と書かれた なす飯・680円。

麻婆茄子の乗ったあんかけご飯ですな。

10

小さめにカットされた茄子は、シャキシャキの歯応えが心地よく
四川風のあんかけは中々本格的で、辛さもしっかり。

ラーメンに負けないくらい中毒性がある一品でした。

玉子とじラーメンって初めて食べましたが、美味いですね。
背脂ラーメンに比べるとヘルシーだと思うので
都内に支店を出しても受けるんじゃないでしょうか?
東京進出を期待いたします!