01

間が空きましたが、旅行記の最後の記事を。

名古屋での夕食は「 味仙 」で。
「味仙」は名古屋ご当地グルメの一つ、台湾ラーメン発祥の店。

名古屋駅構内にこの新店舗が生まれたのは、昨年12月。
まだ新しいので当然ですが、大変綺麗な店でしたよ。
ちょっと遅い時間に訪れたにも関わらず、ほぼ満席でした。

02

メニューが豊富な中華料理店です。
二人なので名物の台湾らーめんの他にも
何品か頼んでみますかね。

03

ラーメンと同時に注文したのは 餃子・480円。
手羽先・480円 、ライス・200円。

今思えば、本格的な中華料理を頼めばよかった・・・。
なんで居酒屋チェーンにもありそうなメニューを(笑)。

04 05

餃子は皮がパリッと焼けてて、餡がジューシー。
これは中々。
手羽先は甘辛いタレがたっぷりつけられたタイプ。
オーソドックスですが、悪くない味。

06

ちょいと遅れて 台湾ラーメン・700円 も到着。

接写してるので判り難いですが
丼は一般的なラーメン店に比べると小さめ。
〆に丁度良いボリュームとなっています。

07

麺の上にはたっぷりの挽肉とニラ。
見るからに辛そうなスープは鶏がらベースで
唐辛子やニンニクがしっかり効いたパンチのある味。

舌やノドに鋭角に刺さってくる辛さに驚かされます!
しかし一口、二口と食べ進めていくうちに
その辛さがヤミツキになってきます。

08

麺は硬めに茹で上げられた中太麺。
スープとのなじみは中々よく、辛みをしっかりまといます。

二人で『辛い!辛い!』と言いながらも、気がつけば完食。
ただ辛いだけではなく、コクと深みもあるんですよ。
このジャンクな味わいにハマる人が多いのも解ります。

09

スープに残った挽肉はライスに乗せて
余すことなく辛味&旨味を堪能・・・。

10

ヒリヒリする口を水で冷やしながら
デザートをどうするか考えましたが
自分の胃袋と相談して、断念したのでした。

最後の名古屋メシは強敵でした!
まだ名古屋で食べたいものがたくさんあるので
いつかまた旅行に行きたいと思います。

11

さて、名古屋の旅行記は終わりですが、おまけを少し。

名古屋からは深夜バスで東京まで帰ってきました。
終点の日本橋高島屋前で下車したのは、朝5時過ぎ・・・。

深夜バスでは予想よりも快適に過ごせまして
身体の疲れも無かったので、築地に寄って帰ることに。
私にとっては三ヵ月ぶりの築地となります。

12

築地ラストイヤーということもあり
行列が出来る店が多い中、「 やじ満 」に並びなし。

そういやこちらで食べたいものがあったんですよ。

13

二人で入店し
私が頼んだのは カキらーめん(みそ)・1250円。
茹で上がった麺を水で冷やしてくれる『水通し』コールで。

ソテーされた牡蠣は、でっかいのが4個入ってます。
ぷるんぷるんで、食べると旨味と磯の薫りが口一杯に。

14

水通しされた麺はヌメリが取れ、シャッキリとしたコシが。
普通に頼んだらスープが熱すぎて食べにくいんですよ。
それも防いでくれて一石二鳥・・・。

味噌にすると、醤油や塩に比べて
化調の主張も穏やかに感じられて好印象。

もうカキらーめんは提供を終了しているので
次に食べられるのは、豊洲に移転後になりますかね。

15

ツレの注文は ザーサイ炒飯・770円。
「やじ満」のチャーハンも、私が試したかったメニューの一つ。

食べると思ったより油っこさはなく、むしろサッパリ。
お米はパラッとなるまで丁寧に炒められ
玉子やネギの火の通りも素晴らしい・・・。

16

主役のザーサイは細かく切られて
シャキシャキの食感が心地よく、絶妙のアクセントに。

想像していた以上に繊細な旨さが光るチャーハンでした。
今までここで食べなかったのが悔やまれるなぁ。

金沢から始まった旅行記の終わりが
築地のチャーハンになるとは思いませんでした(笑)。

ではまた!
再び休止状態に入ります。
時期は未定ですが、再開後にお会いいたしましょう。