習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

カテゴリ: 蕎麦

01

週末は朝から築地へ行ってきました。一軒目に訪れたのは「磯野家」。
私が勝手に 『 府中の兄 』 と慕うチョウさんと一緒でした。
高級メロンを携えてやって来た彼を見て、私に気を使わなくてもいいのに!と思うも
そちらは入院している友人へのお見舞い品だそうで・・・(笑)。

02

私の注文は、牡蠣のシーズン中に必ず一度は食べておきたい かきめし・600円。
味噌汁・110円 とともに。味噌汁の具はアサリでした。

03

牡蠣は1月も終盤ということで、中々の大きさになっておりましたが
かつての立派な牡蠣が乗せられていた頃を知るものとしては、少々寂しさも・・・。
参考までに2009年11月の記事(こちら)をリンクしておきましょう。

しかし身は小さくても味は抜群!
プリッとした食感で、心地よい弾力。磯の風味も豊かで、旨味もしっかり。
そして牡蠣の旨味がしみ込んだ米の硬さや水分量が完璧で、オコゲの割合もちょうど良い。
結局丼の味を左右する一番のポイントは、ご飯のコンディションだったりしますよね。

04

チョウさんの注文は 豚ロースの生姜焼き定食・945円。
少しお裾分けしていただきましたが、豚肉がやわらかくて好印象。
タレの味も非常に好みで、私が以前食べたときより明らかに旨いなぁ・・・。

05

クリームコロッケもベシャメルが滑らか&まろやかで美味!
ちょっと衣が破けているのはご愛嬌。 (^^;

こちらは席数が多いので、築地が混雑する土曜でもゆったりと座れるのがいいですね。
チョウさんのブログは こちら

06

チョウさんと別れた後は、私が 『 築地の師匠 』 と仰ぐつきじろうさんと合流。
今さらですがお互いに年始の挨拶を済ませ、場外の「長生庵」へと。
すると興味深い新メニューが始まっておりました。

07

新メニューの堀川ごぼうの天ぷらや、煮こみ豚汁うどんにもそそられましたが
私が頼んだのは 牡蠣の蕎麦粉揚げせいろ・1400円。

08

立体的な牡蠣天の盛り付けのセンスの良さに心奪われる私・・・。

09

衣は表面がカリッ!として、中はふんわり&サックリの理想的な揚げ上がり。
蕎麦の香りと牡蠣の風味が互いに邪魔をせず、逆に引き立てあってる感じ。
牡蠣自体の火の通り具合も絶妙で、これは文句無しに美味い!

途中で釣りキチ四平さんも合流してくださり、3人で食事を楽しんだのでした。
この日のつきじろうさんの記事は こちら
( ※ 四平さんの記事は上がり次第リンクさせていただきます。)

10

美味しい牡蠣のメニューを連食した後は、『 築地のオアシス的存在 』 のこちらへ。

11

「フォーシーズン」で カフェオレ・400円 をいただきました。
常連である天狗さまや名古屋の兄さんとも久々にゆっくりと会話が出来ました。

12

お二人が帰られた後も、マスターの見事な鍋ふりを見ながらくだらないやり取りをしたり
店に来たカップルを冷やかしたりしていたら、いつの間にか5時間も経っていました。

途中でマスターから、ミニサイズのたらこスパのサービスもあったりして。 (^^;

人生には、時にそんな不毛な時間を過ごすことも必要なのだと自分に言い聞かせて
大好きな店を後にするのでした。

01 02

一昨日は年末の挨拶がてら、「河岸頭」と「米花」へお邪魔してきました。

03

「河岸頭」では刺盛をいただくことに。友人と行ったので、これで二人前。
アオリイカのヅケ、ミミ。ホタテと平貝。鯵にサヨリにサーモン、赤身のヅケ、中トロ。
金目鯛とクエの昆布〆、そしてミンク鯨。
どれも素晴らしかったけど、特に印象に残ったのはパッキパキ!のアオリイカ。
しかしこの日のネタはどれも秀逸で、順位を決めるのが難しいほど・・・。

04

店に入ったタイミングが良く、届き立ての生シラスもいただけることに。
わずか数時間前に獲れたばかりのシラスとあって、鮮度抜群!
口に入れると豊かな甘みがふわっと広がります。ほのかな苦味もいいですね。
これは今まで「河岸頭」でいただいたシラスの中でも最高の味でした。

05

煮穴子もいただきました。
社長の橋本さんが試行錯誤の末、ついに理想の自家製タレを完成させたそうで。
今後は昼は穴子丼、夜ではつまみの一つとして楽しむ機会が増えそうです。

06

ついつい「河岸頭」に長居してしまった私達。 (^^;
「米花」に着いた頃には、ほとんどの品が売り切れていましたが、鴨串をいただくことに成功。
ジューシーで歯応えのある合鴨は味も濃くて、炭で焼かれているので香りが素晴らしいですね。
ジローさんと会って、短時間たわいない話をするだけでも何故か癒される私・・・。

「河岸頭」と「米花」には、来年もお世話になりそうです。

07

大晦日の本日は年越し蕎麦を食べに船橋へ。
やってきたのは4年ぶりの訪問となる「船橋更科」です。
昼の二時前でしたが年越し蕎麦を求める客で、店内は8割ほど席が埋まってました。

08

注文したのは 鳥団子南蛮・880円。

09

鳥団子はふわふわプリプリ。
あれ? 昔食べた鳥団子はもっと肉汁がたっぷりあったような・・・。

10

蕎麦も以前はもっとエッジが立って、ツユは鰹の香りが豊かだった気がします。
ん〜、大晦日は多くの客をさばく必要があるので、味のブレが大きいのかもしれませんね。
忙しくない時間帯にまた再訪したいと思います。

さて、2012年も残り4時間となりました。皆さん、よい正月をお過ごしください。
来年も不定期更新が続きそうですが、よろしくお願いいたします。

01

先週の土曜は築地へ。
つきじろうさんと、先日の「やまだや」でもご一緒だったロコさんと3人で食べ歩きを。
一軒目にお邪魔したのは「かとう」です。

02

つきじろうさんに何の魚がよいか相談して、刺身の盛合せを注文することに。

03

いただいたのはこちらの刺身の盛合せ。

04

とり貝、イサキ、スズキ、アジ酢の4種類。
写真の右に見えるアジは旬真っ盛り! 身の厚みと脂のノリが違います。
脂が強いので、もう少し酢をキツめにきかせても旨いでしょうね。

05

アジに負けずに素晴らしかったのがイサキ。
こちらも旬のど真ん中! 旨い魚って、香りの良さも魅力の一つなんですよね。

06

「かとう」で前菜(?)をいただいた後にお邪魔したのは「長生庵」です。

07

私の注文は 芝エビのかき揚げ天そば。

08

こちらは蕎麦屋ですが、天ぷらがとても評判が良いのです。
かき揚げは空気を包み込むように巧みに揚げることで、軽い食感に仕上がっています。
油切れもいいですね。
奥に見えるのはつきじろうさんのハモ天。一ついただきましたが、ふっくらと優しい仕上がり。

09

もちろん蕎麦だって旨いんですよ。
お酒にご機嫌な様子のお二人を、羨ましそうに見ながら蕎麦をたぐるのでした。

10

かき揚げは塩で食べるもよし、ツユにつけて食べるもよし。

11

こちらはロコさんが注文された穴子天。これもお裾分けしていただきました。 (^^;
甘みの強い穴子がサックリ&ふんわりと揚がって、実に美味。
築地の穴子天の中でも3本の指に入る旨さだと思います!(習志野調べ)

12

さて、美味しいお蕎麦と天ぷらを堪能した後は喫茶店でお茶を。
「フォーシーズン」にやってきました。店内に入ると友人の姿を発見。
さすがは土曜日! カウンターに4人並んで、談笑しながらお茶をいただくのでした。

13

マスターからちょっとしたプレゼントが。手タレはロコさんにお願いしました。 (^^;

14

お茶だけのつもりがスパゲティも一品注文。
おまかせでお願いしたところ、面白いスープスパを出してくれました。
クリームスープスパの上に、カレーソースがたっぷりと。
少々旨味過多のような気はしましたが、クリームとカレーがいい感じに馴染みます。
カレーのとろみのおかげで麺の絡みもよくなり、即興で作った割にはかなりの完成度(笑)。

15

何年振りかわからないほど久しぶりに、クリームソーダなんてものも頼んでしまいました。
どうやら私も楽しくて、舞い上がっていたようです。

この日も大変お世話になったつきじろうさんの記事は こちら
是非また築地でご一緒させていただきたいです。

01

GWに、千葉県市川市にある「じゅんさい池」にやってきました。
天気の悪い日が続いておりましたが、この日は朝から清々しく晴れておりまして
ご一緒してくれた皆様と、しばし散策を楽しんだのでした。

02

勿論ただ散策をするために、友人を市川までお呼びしたわけではございません。
「じゅんさい池」へ行く前に、先日下見にも訪れた「いさと」へ皆様をお連れしたのです。

03

今回は8名でお邪魔しまして、コース料理を注文しました。
私は おろしコース・2000円 を。
焼き味噌、玉子焼、おろしそば、デザートからなる全4品のコースです。
ちなみにコース料理は二人以上から注文可とのことです。

04

別注文で そばがき・1000円(一人前) もお願いしました。こちらで2人前。
蕎麦に明るくない私は分かりませんが、このように煮立った小鍋で出されるのは珍しいとか。

05

皿にとって、お好みでワサビ、ネギ、醤油をかけていただきます。
いただくとねっとりした舌触りで、口の中で蕎麦の香りがふわっとふくらむ感じ。
これは面白い。醤油がなくても美味しく食べられます。

06

前回紹介した焼き味噌と玉子焼の写真は割愛いたしまして、メインのおろしそばを。
レモンを絞ってツユに入れ、おろしと一緒にいただきます。

07

レモンを絞った頃に、蕎麦も運ばれてきました。

08

粗挽き蕎麦の美しさは数日前と変わらず。
こちらではその日に使う分だけを、朝に挽いているのだとか。
レモンの香りと酸味が加わっても、蕎麦の存在感は失われないのが凄い。

09

蕎麦のお代わりをいただきます。今度は 十割そば(ざる)・800円 を。
実は先日下見に伺った際にお願いして、十割そばも特別に用意していただいたのです。

10

十割とは思えないほどの滑らかな蕎麦に驚嘆!
こちらは寝かせることで甘みと強いコシが生まれ、のど越しがよいのが特長。

ご主人に、十割はどこにでもあるから面白くないでしょ? と聞かれましたが
こんなに旨い十割そばって滅多にないような気が・・・。 (^^;

なお今回作っていただいたこの十割そばは、予約状況に余裕がある上で
まとまった人数が希望するときにしか受けられないとのことです。

11

さて、美味しい蕎麦を堪能した後に出されたデザートがこちら。そば久寿餅です。
くず餅といっても葛は使われておらず、冷やしたそばがきに、黒蜜とキナコをかけたもの。

甘さにいやらしさがなくて、旨いんですよ。最後のデザートまで蕎麦が主役でした。

12

「いさと」での美味しい料理、「じゅんさい池」の美しい風景、
そして市川までお越しくださった皆様との楽しい会話は、素晴らしい思い出となりました。

ご一緒してくださったつきじろうさんの記事は こちら

01

市川に評判の蕎麦屋があると聞きまして、週末にお邪魔してきました。
駅からバスに10分ほど乗り、少し歩いた先にその店はありました。

「SOBA ISBA いさと」です。ISBAとは英語で小屋という意味だとか。

02

ご自宅の一部を客席に使われてるみたいですね。
実家に帰ってきたような落ち着いた空間にホッとします。

03

席に座ると、お茶とカブの漬物が。

05

お品書きはこちら。
蕎麦の量が少なめと聞いてましたので、二種類ぐらい頼みますかね。あと玉子焼きも。

07

こちらは焼き味噌。お品書きにあったので、どんなものか聞いてみたところ
お試しにどうぞと出していただきました。生姜のきいた味噌の中には蕎麦の実が。
香ばしく焼かれた味噌の香りがたまりません。これはお酒のアテに最高でしょうね。

08

玉子焼きM・800円 です。上に乗るのは食感のよい蕎麦の芽。

09

ふわふわとろとろの玉子焼きの中には、鴨のそぼろ肉が入ってます。
一人で食べるには大きいかと思いきや、あまりの美味しさにお代わりしたいほど。 (^^;

10

さて、いよいよメインの蕎麦をいただきます。

11

まずは ざるそば・800円 から。こちらは粗挽きの二八そばとのこと。

12

うっすら緑がかった透明感のある蕎麦を、何もつけずにいただいてみると
ほのかな甘みが感じられ、のどを通ったあとに蕎麦の香りがふわっと。いいですね。

鰹の風味豊かなツユにつけて食べると当然のように旨い。ツユは私の好みより甘めかな。

13

ざるを瞬く間に平らげた後に、 鴨ざる・1200円 を。こちらは温かいツユ。

14

鴨肉はやわらかく、旨味強し! 火の通し加減が絶妙ですね。
また鰹のダシと、鴨の旨味を吸ったネギの旨いこと!

15

二枚目の蕎麦なのに、またもやすぐに平らげてしまったのでした。 (^^;

実はここには近々お仲間と一緒にお邪魔する予定でして、今回は下見にやってきたのです。
味にも雰囲気にも大変満足させていただきました。再訪する日が楽しみです。

01

先週の日曜は築地へ。なべひろさんと「長生庵」にお邪魔してきました。

02

残暑限定メニューなんてものがありまして、私はこれを注文することに。

03

肉みそ入りごま付けそば・1050円 です。
上のところに写ってるのは、なべひろさんが注文された車海老と帆立のかき揚げ。
私も一口いただきました。「長生庵」の天ぷらは、専門店にひけを取りませんね。

04 05

キンと冷えた胡麻だれには肉味噌がたっぷり。
胡麻の香り豊かでコクがあります。入れられた温泉卵の黄身を溶かすとまろやかさアップ。

蕎麦にも胡麻がかけられます。キュウリがそえられるとサラダ感覚で、見た目も涼やか。

06

コシの強い蕎麦に、粘度の高いつけだれがしっかりと絡みつきます。
美味い! 胡麻と蕎麦の香りがぶつかるかと思いきや、意外とお互いを邪魔しませんね。
蕎麦をあっという間に平らげた後は、熱々のそば湯を堪能してご馳走様!

07

「長生庵」に行く前、一人でこちらにもお邪魔しておりました。鯨卸の「登美粋」です。

08

いただいたのは くじら串焼・100円。刺身でも食べられる鯨なので、焼き加減はレア。
身は柔らかくしっとりして、食感はレバーに似てるかな。
鯨自体のクセは控え目で、独特の香りが苦手な方でも食べられそうです。

09

続いて頼んだのは 天ぷら・280円。
注文が入ってから揚げてくれるのが嬉しい。量も値段の割にはボリュームありますね。

10

ふわっと揚がった天ぷらには自家製のマヨソースが。
マヨネーズの酸味が後味を引き締めて爽やかに。この味好きだなぁ。

11

ガッツリと食べたい方にはカレーや丼も用意されております。
今度お邪魔したときは、鯨カツを食べてみようと思います。

12 13

14 15

「登美粋」と「長生庵」で食べた後は日本橋へ。
高島屋8Fで開催されていた大東北展にやってきました。
虎鯖棒すしや、なみえ焼きそばを食事の出来るスペースでいただきましたが
この物産展はとっくに終わってますのでサラリとふれる程度に。 (^^;

16

なべひろさんと別れ、次に向かったのは門前仲町にある「フルータス」。
新鮮なフルーツを使ったフルーツカフェです。一度お邪魔してみたかったんですよ。

17

誘っていただいたまさぞうさんと入り、注文したのはネクタリンのパフェ。
スイーツ好きの中で評判になるのも納得の美味しさでした。
門仲なら来やすいので、今後もお世話になりそうです。 (^▽^;)

01

先週の日曜は築地へ。日曜に来るのは久しぶりです。
お目当ての「長生庵」が開くまでまだ時間がありましたので、場外をブラブラ。
すると目に留まったのがこちらの「深廣」。

02

店頭でふぐの唐揚げを販売してるのですよ。一ついただいてみました。

03

とらふぐ唐揚げ・500円 です。鳥の唐揚げに比べるとクセがなく、さっぱりとした味。
とびきり上質のふぐというわけにはいきませんが、ワンコインで食べられるならお得でしょう。
衣に油が多いので、ちょいとポン酢をかけてくれると嬉しいかな。

04

日曜の築地って個人的にそそる店があまり営業していません。
そんな中「南ばら亭」がやってるのを思い出して様子を伺いに。
ありゃ? 日曜はレギュラーメニューが無くて、高価な親子丼しかないのですね。
選択肢の少ない日曜の築地に来た客の足元見てるなぁ。

05

さて、気を取り直して予定通り「長生庵」にやってきました。

06

注文したのは旨いと評判のこちら。

07

イベリコせいろ蕎麦・1150円 です。
山椒と黒胡椒のどちらも合うのでお好みでどうぞ! と店の方が。

08

温かいつけ汁の中にはイベリコ豚がたっぷりと。
甘みの強い脂だけど後味はくどくないんです。柚子もきいてるからでしょうね。

09

イベリコ豚の脂で炒められたネギがまた旨いこと!
築地の「吉野家」みたいにねぎだくをお願いしたいくらい。

10

蕎麦の風味ともよく合いますね。山椒と黒胡椒の両方を試してみましたが、どちらも美味!
美味しくて瞬く間に平らげてしまいましたよ。最後は勿論蕎麦湯も。

11

追加で 揚げ餅・150円 を。
本当は青のり餅を食べてみたかったのですが、もう終わっちゃったみたいですね。
素朴な味わいですが、塩でシンプルにいただくと美味しかったですよ。

イベリコせいろ蕎麦&青のり餅を食べられた皆さんの記事をリンクさせていただきます。
つきじろうさんの記事は こちらこちら
しょうさんの記事は こちら
神崎さんの記事は こちら
のんさんの記事は こちら
かなめさんの記事は こちら

01

日本橋の「そばよし」に久しぶりにお邪魔してきました。

02

季節限定メニューの中から、評判の生のりそばをいただきます。

03

生のりそば・370円。
丼から立ち上る鰹の香りに食をそそられます。

04

熱々のツユからいただきますと、鰹ダシの旨味と香りが口の中で炸裂!
鰹節問屋直営だけあって、惜しみなく使われた鰹節から出たダシの濃さには驚かされます。
無化調にこだわる点も好感が持てるのですが、甘めのバランスなのが個人的に惜しいところ。
カエシがもう少し辛口だったら、無化調ゆえのぼんやりした味がグッとしまると思うんですけどね。

05

蕎麦をたぐると生海苔がごっそりと絡みます。 (^^;
海苔の産地にもこだわっているそうで、優しい磯の香りが実にいいですね。
蕎麦自体の味は至って普通。難をいえばコシが弱いかな。

06

今回は頼みませんでしたが、おかかごはんに生海苔を乗せて食べても美味いでしょうね。

07

次回はうどんを頼んでみようかと思います。鶏そぼろつけうどんなんか良さそうですね。

01

「長生庵」に行ってきました。

02

注文したのはランチ限定の まぐろ漬け丼セット・980円。
先日なべひろさんが出演されたテレビで紹介されていて、一度食べてみたくなったのです。

03

軽く盛られたご飯の上に、店自慢のタレに漬けたマグロが乗せられます。
テレビで見たときよりマグロが小さいのは仕方のないところかな。 (^▽^;)

04

メバチマグロの赤身ですが、味はいいですね。良質なものを使っているのが判ります。
またタレが奥深い味。これはたしかに蕎麦屋のレベルではないかも!?

05

蕎麦は「かけ」と「もり」から選べまして、もり好きな私は冬でも後者を選択。
量は普通のもり蕎麦の1/3ぐらいかな?

06

バシッとしたコシを楽しめます。ツユが甘ったるくないのがいいですね。

07

小鉢のポテトサラダが思いのほか美味しかったです。
こういうところに手を抜かないのが嬉しいですよね。

セットメニューですが、全体的に量は多くないので連食に向いてるかもしれません。

08

次回は牡蠣を使った蕎麦にするかな〜と考えていたのですが
店内に貼られたお知らせによると、2月末で牡蠣のメニューは終わりなんですと。

(-ω-;) うーむ、いつでも食べられるメニューは後回しにするべきだったか。

01

2週間ぶりに築地にやってきました。既に場内はほとんどの店が閉店してる時間でしたので
場外のこちらに久々にお邪魔。2年ぶりの訪問となる「長生庵」です。

02

前回は変化球的メニューのつけカレー蕎麦をいただきましたので
今回はオーソドックスなものを。温かい天ぷらそばなんかいいですね。

03

海老穴子そば(温)・1250円です。ここは蕎麦屋でありながら天ぷらも評判でして
その中でも特に穴子がつきじろうさんやなべひろさんに絶賛されております。

04

まずはその穴子をツユに浸かっていないところからガブリと一口・・・、美味い!
肉厚の穴子は柔らかで臭みなどなく、甘い脂がじゅわ〜っと口の中に広がります。
衣はふんわりサックリして、油切れも文句なし。海老天もプリッとして中々いいお味。

しまった! 天ぷらは別皿に盛ってもらえばよかった。塩で食べるともっと美味いはず。
まぁ、ツユでふにゃっとなった衣もまた美味しいんですけどね。 (^▽^;)

05

そばは香りは強くありませんが、なめらかでツルツルシコシコしてます。コシも強くて私好み!
ツユも甘ったるくなく、上品でスッキリした味わいでかなり気に入りました。

前回お邪魔したときは、カレーつけダレの味と塩分の濃さにノックアウトさせられまして
しばらく遠ざかっていたこちらの店ですが、普通のそばも食べておけば良かった・・・。

06

開花丼ってみなさんご存知?
丼モノも気になるけれど、私は次回もそばを頼んでしまうでしょう。

07

「長生庵」を出た後はこちらへ。
つきじろうさんの記事でその存在を知った「さのきや」です。

08

基本メニューの 本マグロ・150円を注文。
本マグロといっても、材料にマグロが使われているわけではありません。 (^^;

09

マグロの形をした鯛焼きなのです。カツオにも見えるとか野暮なこと言っちゃいけませんよ。

10

割ってみますと、厚めの皮はパリッパリ、サクッサク。小倉あんは甘さ控え目で私好み。

・・・ただ正直な感想を述べると、ごく普通かな。衣と餡のバランスがイマイチ。
小倉も甘さ控え目なのはいいですが、特別美味いというわけでも・・・。
私は「うさぎや」のどら焼きを定番土産にしているので、つい辛口になっちゃいますね。

11

場外をちょっと見て回ったところ、格安の鰻丼を食べさせる店を見つけました。
値段からして中国産の鰻を使われてるのは想像できましたが、HPを拝見したところ
自社で中国に鰻の工場を作られたとのこと。 HPは こちら

中国産鰻で気になるのは味は勿論のこと、その安全性。
その問題がクリアされて、旨い鰻が格安で食べられたら言うことないですよね。

このページのトップヘ