習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

カテゴリ: チェーン店

01

この日やってきたのは安くて旨いと評判の洋食屋。神保町の「キッチン南海」です。

02

メニューの中で人気なのがカツカレー。木彫りの象にも 元祖カツカレー の文字が!

03

注文したのはその カツカレー・700円。出てきた皿の大きさに驚かされます。
カレーソースとご飯、そしてカツもボリュームありますね〜。
築地風にキャベツの千切りが乗ってるのが嬉しい。

04

黒いカレーをいただくとしっかりとろみがあって、まろやかなコクが。
おっ!、美味い! ただ味や香りにあまり奥行きはないかな?
色や粘度からして、もっとこうガツンと旨味や辛味の波が襲ってくるような気がしたんですが。
でもこのマイルドさがどこかホッとさせますね。 (^^;

05

カツの肉は薄いけれど、揚げたてサックサク!
カレーと一緒に頬張ると、衣の旨さが一層際立ちますね。
それにキャベツを合わせるとシャキシャキとした食感も加わり、旨さの三重奏。 (゚∀゚)b

これだけのボリュームがあって700円はかなりお得じゃないでしょうか?
次回はカレー以外のものを食べてみようと思います。

06

おまけでもう一本レポを。休日にある家電の相場を知りたくて
秋葉原をウロウロしていたときに、小腹が空いて入ったのがこちら。

ヨドバシカメラにある「すしざんまい」です。実は私、「すしざんまい」は初訪問。
築地にある「廻るすしざんまい」では昔一度食べたことがあるんですけどね。 (^^;

07

極上本まぐろ祭りが開催中とのこと。まだ冷凍マグロが安いんですかね?
炙りとろやとろたく巻を味わえる 本鮪五貫にぎり・1029円 を注文。

08

最初に三貫まとめて出されたのが (下から)大とろ、中とろ、赤身。
ネタケースのライトの影響で、写真の色合いがおかしくなってます。 (-o-;

09

続いて炙りとろととろたく手巻。マグロとタクアンって意外と合いますね。

10

芽ネギが乗った炙りとろはもみじおろしでさっぱりと。

食べ終えた感想としては、どれもマグロの味が希薄ということ。
正直何を食べたかよく判りませんでした。でも値段を考えると妥当な味かな?
築地の本店ならもっと良質のマグロを使っているのかもしれませんね。

01

この日は秋葉原でちょっとした買い物を。ついでにつくばエクスプレスで六町駅まで行って
駅から徒歩15分の「田中商店」に初訪問することも考えましたが、時間と体力的に無理な感じ。

というわけで入ったのが駅前の「康竜」。都内や沖縄、香港に店舗を持つチェーン店です。

02

注文したのは 自分仕立てラーメン・800円。
ノーマルのラーメンに好きなトッピングを四種類つけられます。

03

私がつけたのは辛子高菜と豚の角煮、特製メンマに味付半熟玉子。
どれも味は凡庸ですが、100円増しでこんなに具を増やせるならお得かな?

04

スープは不思議な味・・・。
とろみはあって濃厚と言えば濃厚なんですが、豚骨ダシの主張は弱く、不自然な風味。
油と化調以外にも色々入っているのかも!?

少し前に「もりや」で食べただけにスープの貧弱さが目立ちますね〜。 (^^;

05

麺については特筆すべきとこはなし。

スープも麺も同じチェーン店である「一風堂」と比べると大きく水をあけられてるかな?
ただ「一風堂」にも長いことお邪魔してません。たしか味をリニューアルされたとか。
あちらにも久々に行ってみますかね。

*今回は忙しかったので没ネタストックから記事を上げさせていただきました。
次回は美味しい店を紹介させていただきますのでご容赦ください。<(_ _)>

01

この日は御徒町で遅い昼食を取ることになりまして、以前から気になっていたこちらにお邪魔。
「登亭」は国産鰻を使った鰻丼を低価格で出すチェーン店で、銀座や神田にも支店があります。

02

午後3時を回っていたので店内の客入りはまばら。今回は鰻重の竹を注文することに。

03

うな重(竹)・1800円です。肝吸いがついてこの値段は結構お得ですね。
注文してから10分足らずで運ばれてきました。

04

注文後すぐに出てきたので、既に焼きの工程まで済ませたものを温めたのでしょうね。 (^^;
思ったより鰻は乾燥しておらず、柔らかく仕上がってます。でも香りが乏しいな。

05

しかし鰻の大きさや厚み、脂のノリは申し分なし。
老舗の有名店では2000円以下の鰻重だと、身が薄く小さいものが出されがちですからね。
鰻問屋直営だからこそ、良質な鰻を低価格で提供できるのでしょう。

06

タレは特長がないと言ってしまえばそれまでですが、甘さを控えた薄味で悪くありません。
チェーン店でもこのレベルの鰻重が食べられるのは嬉しいなぁ。

07

山椒をちょっとかけ過ぎてしまいました・・・。 (^▽^;)
でもこの山椒は風味が弱いので、このくらいで丁度よかったです。

08

肝吸いはダシも肝の処理も今ひとつかな?
肝は臭みはないけれど、味も完全に抜けてしまってました。

09

おしぼりに書かれた鰻の絵が可愛かったので思わず1枚!

本格的な鰻の名店と比べるとさすがに見劣りはしますが、この値段なら個人的には充分アリ!
ランチ時は1000円ちょいで鰻丼を出しており、行列もできるというのも納得。
時間がない時、手軽な値段で鰻を食べたいと思った時に、またお邪魔しようと思います。

01

この日はとある店に行く予定で目黒駅で下車。
ところが駅に着いた途端に雨が強く降りだしたために、予定を変えて駅の近くにあるこちらへ。
お邪魔したのは美登利寿司チェーンが経営する回転寿司「回し寿司 活」です。

02

ネットやメディアでも評判の店でして、一度食べてみたいと思ってたんですよね。
休日ではありませんでしたが、夕食時とあって数名の待ち客が。
これが土日ともなると、1時間待ちはザラなんですと。(^^;

03

皿の値段は105円から525円までありまして、ネタの種類が豊富。

04

当日おすすめのネタを知らせてくれるメニューまで用意されています。
おっ! ハッカクがあるじゃないですか。

05

まず最初に注文したのは 本日の5貫盛・682円。
大トロ、鯛、ホタテ、ハマチ、トロサバが乗ります。トロサバって何だろ? (^^;

06

何といっても目を引くのは大トロ。脂はのってますがその脂がイマイチ。
溶けずにずっと口の中に残ってしまうタイプで少々クドイかな。

07

でっかいホタテは身が甘く、弾力があってかなりの旨さ!
しかし身割れしたハマチと、脂はのっているけど水っぽいサバは微妙・・・。
サバはこの時期だから水っぽいのか、それとも冷凍モノだからなのかは判りません。 (^^;

08

水槽から出してさばかれた 活アジ・262円 はさすがに鮮度がよく美味。

09

おつまみから マグロ頭肉煮込み・525円 を頼んでみました。

10

味付けは甘辛い単純なものですが、マグロは程よく柔らかいので中々の味。
濃い目の味がお酒を飲む人には喜ばれるでしょうね。

11

お次はウニ、イクラ、カニ味噌がのった 北海軍艦・525円を。

12

カニ味噌は100均の回転寿司で使われるレベルでしたが、ウニとイクラはいい味してます。
ウニはミョウバン臭さがほとんどなく、イクラは味付けが私好みでした。

13

回転寿司では中々お目にかかれない ハッカク・262円 は文句ない美味しさ!
旨味が強いのにさっぱりした上品な味でいくらでも食べられそうです。

14

「美登利寿司」でも定番の 穴子一本付・420円 も注文。

15

身の厚みはそれほどでもありませんが、柔らかく煮られていて脂のノリも上々。

16

最後の〆めに頼んだのは 岩のり軍艦・105円。
海苔の風味がしっかりと感じられて美味しかったです。

17

カキフライまで回ってるのね・・・。 (^▽^;)

握り14貫に穴子一本付け、つまみまで食べて満腹。中々いいネタも味わえて計2781円はお得かも。
でも東京一の回転寿司とまで呼ばれるほどの魅力があるかは少々疑問。
中には本家の「美登利寿司」より評価される方もいますが、私は本家の味を支持します。

銀座の「美登利寿司」の記事は こちら

01

ここ数日忙しくて食べ歩きの記事を書く時間が取れません。
申し訳ありませんが、今回はストックからチェーン店「てんや」の記事を。

02

店内に入るとそそられるメニューを発見。松茸のかき揚げが入った丼とのこと。
お値段もそこそこ手頃ですし、これにすることに。

03

秋の松茸天丼・880円です。
具は海老x2、広島産牡蠣、松茸かき揚げにいんげん。盛り付けが美しい。 (=゜∇゜)

04

2本入った大振りの海老は冷凍ものではありますが、甘み、食感ともに中々のもの。
機械で揚げている割には衣の状態も悪くありません。

05

そして揚げ方の良さに驚かされたのがこちらの牡蠣の天ぷら。
衣は薄いのにふんわりと揚げられ、中の牡蠣の火の通り具合が絶妙。
使われている牡蠣も思った以上に質の高い大きくて旨味の強いもの。

06

かき揚げは程よい厚みで火の通りを考えてかリング状の形をしています。
ここのかき揚げを昔頂いたときは、かなりの厚さだったにも関わらず
機械揚げのせいか中まで火が通っていないことが多々あったのですが、これは完璧。
サックリした食感がいいですなぁ。

07

かき揚げの具は松茸、ハモ、銀杏、三つ葉。
松茸の味はそれなりながら、香りがやけに強いのはもしかするとパウダーの力かな? (^^;
ハモのギュッとしまった身の歯ごたえと、銀杏のほのかな苦みと三つ葉の香り。
値段を考えてもそこまで良質のものは使えないと思うんですが、組み合わせの妙でしょうか?
中々美味しいです。

久々に「てんや」で食べましたが満足の一杯でした。
特に牡蠣の天ぷらは、これだけの丼を作ってほしいほど気に入りました。(゚∀゚)b
また時間が取れないときにお邪魔しようと思います。

01

以前とある回転寿司を検索していて見つけた 回転寿司評論家米川氏のブログ(→ こちら)で
千葉にいい店がないか探していると、西船橋にかなり評価の高い店がありました。

それがこの「すし 銚子丸」。
千葉県内に23店舗を有し、米川氏によると名実共に千葉県No.1の回転寿司店なんだとか。
私も数年前に何度かこのチェーン店で食べたことはありますが、西船橋店には初訪問です。

02

米川氏の昨年の記事(→ こちら)によると、ここでは味の創作に力を入れているとか。
今秋にも創作寿司がTVで紹介されており、実はこの日もそれを目当てに来店したのですが
どうもメニューに見当たりません。今は冬のメニューの創作中ということでしょうか? (^^;

というわけでイベントメニューというこのセットを注文することに。

03

秋の一座味めぐり6カン・820円です。
ブリ、サーモン、秋刀魚、とろ鰹、ボタン海老、アン肝の軍艦が入ったセット。

04

ブリはメニューの写真と違って脂が全然乗ってない・・・。(-o-;
秋刀魚とサーモンは極普通かな。残念なのはどのネタも水っぽいこと。
午後4時過ぎという中途半端な時間にお邪魔したのが悪かったかな。

05

鰹もとろ鰹と名づけてる割には脂のノリはいまいち。
ボタン海老は甘みはあるけれど、他のネタに輪をかけて水っぽいなぁ。
ちなみに海老の頭は飾りです。

06

6貫の中で最もまともだったのがアン肝の軍艦というのは寂しい。(^▽^;)

07

ネタが水っぽいのに閉口したので、炙り寿司を追加で注文することに。
天とろっていうとマグロの頭身の肉かな?

08

本まぐろ天とろステーキにぎり・399円です。
脂の少ない頭身の肉を炙って塩ダレをかけ、ニンニクチップとネギを乗せたもの。

09

これは中々美味でした。メニューの写真とは違ってしっかり炙ってますが、中はしっとりして
柔らかいステーキを食べているような印象。脂が少ないのがかえっていいのかも!?
脂がのったマグロを炙るとビチャビチャになっちゃいますからね。

全8貫いただいた初訪問の感想はちょっと微妙でしたが
冬の創作寿司が始まった頃にまたお邪魔してみようと思います。

01

王子店に行かれたナツメッグ☆さんの記事を読み、久々に「餃子の王将」で食べたくなった私。
ネットで検索し、家から一番近い下総中山店にやってきました。

混雑を避けるために昼時を過ぎた3時に着くと、席の埋まりは2割ほど。
お邪魔したのは休日でしたが、食事時だとかなり混むんでしょうね。

02

やはり「餃子の王将」に来たからには餃子は必食のメニュー。

03

そして麺類から揚げそばを注文。
チェーン店ではラーメンの味にはあまり期待できませんからねぇ。(^▽^;)

04

10分ほど経って、揚げそば・577円 と 餃子・231円 の到着です。
餃子のタレはお酢が多目で、醤油はほんの少し入れるのが私の食べ方。
もちろんラー油も忘れずに。 (*゜v゜*)

05

さて、まずは数年ぶりのご対面となる餃子ですが、なんかやけに焼き目が薄いなぁ。
王将の餃子ってもっと美味しそうな焦げ目がありませんでしたっけ?

食べてみると食感はパリッ!ではなくホニャ〜としてます。なんだこりゃ?
明らかに焼き加減が悪い。中の餡はジューシーさが全然足りないなぁ。(-o-;

06

揚げそばも海鮮の具が沢山入っているのはいんですが、味付けがなんだかボンヤリ。
普通の焼きそばを頼むべきだったかな。(^▽^;)

07

数年前に東京の王将で食べた餃子はもっと美味しかったけどなぁ。
「餃子の王将」は各店舗ごとの料理人の腕によって味が大きく変わりますね。
食事時をずらして入店したのも失敗だったかな?
近いうちに他の店舗でも食べてみようと思います。

「餃子の王将」王子店でレバニラ炒めと餃子を食べられた
ナツメッグ☆さんの記事は こちら
私の記事の餃子とは違い、いい焼き色がついてます。 (=゜∇゜)

01

秋葉原に行ったついでにヨドバシカメラを覗いてきました。デカイですね〜。
さてランチでも食べていくかとお邪魔したのが「光麺」です。
かつてラーメン激戦区の池袋でその名を馳せた店が都内にチェーン展開するようになりました。

02

熟成光麺・730円を注文。10時間近くかけて熟成したという豚骨スープはクリーミーでコクも中々。
もちろんここで作っているわけではないでしょうが。(^▽^;)
細かい背脂が少し入れられてますね。
具には特筆することないかな。チャーシューは炙ってありましたが何か不自然な味・・・。

03

麺は中太で軽めに縮れてます。茹で加減のせいもあるでしょうがちょっとコシが足りないですね。
麺自体の旨さはあまり感じませんがスープとの絡みはよいです。
スープのこってり感で食わせるタイプのラーメンでした。満足とは行きませんがそこそこ旨かったです。

04

そしてこれはランチタイムサービスの杏仁豆腐です。これは美味しかったですよ。
ちょっとユルユルすぎるかな?と思いましたけど個性と言えるレベル。
女性のお客さんの大半はこれ目当てかも。

*猛暑なのにラーメンの記事が続いて申し訳ありません。(^▽^;)

tama01

今週は2回の更新になっちゃいました。(^^;
「築地玉寿司」では毎月8日だけですが手巻きが1本105円になります。
普段400円するトロやウニも105円。
まぁ、さすがに普段使っているものと同じネタではないでしょうが、
そこそこ美味しい手巻きが安く食べられますので時々船橋の支店へ食べにいきます。

tama02

てなわけでシャリ少なめでオーダーすること13本。満腹です。満足感もそれなりに。(^^;
一番美味しかったのは鯵のたたき巻きでした。でもやっぱり「吉光」のほうがはるかに旨いなぁ。
そうそう、こちらの店は築地に本店があります。全国的に展開しているチェーン店のようです。

このページのトップヘ