習志野習志の食日記  ※休止中※

習志野市在住の私が、都内を中心とした食べ歩きの写真を公開する自己満足blogです。

カテゴリ: 閉店・移転

01

新津田沼駅から、各駅電車しかない新京成線に乗ること16分。
鎌ヶ谷大仏駅にやってきました。
千葉県内で蕎麦の屈指の名店と呼ばれる
天庵 」に初訪問を。

人気店なのに週末の二日間しか営業しないので
行列必至!
この日も開店の少し前に到着するも、既に満席で
席に着くまで30分ほどかかりました。

02

カウンターが5席にテーブルが3つ。
ちょうど客が入れ替わるタイミングだったので
窓際の明るい席に座ることが出来ました。

03

お酒やそれに合うツマミもありますが、私達はお蕎麦を。
一番人気の天ぷらせいろを大盛りで。

あと気になったごまだれを、ツユだけ単品注文。
辛味大根おろしは残念ながら売り切れでした。

04

天ぷらせいろ(大盛り)・1900円 です。
ごまだれ・200円 は、二人前を出してくれました。

05

天ぷらは海老と、カボチャやナスなど数種の野菜。

塩でいただきましたが、ふわっと揚げられて中々のもの。
主役の海老は甘みがあって、食感よし。

06

水で打った十割の蕎麦は太めで、コシを楽しむというより
モッチリした食感。のど越しを味わうタイプかな。

個人的にはエッジが立って、程よい硬さがある蕎麦が好みですが
こういうタイプも悪くないですね。

07

ツユは鰹節がたっぷりきいて、キリッと辛口。
蕎麦の甘みがより引き出される感じ・・・。

新蕎麦の時期になれば、蕎麦の薫りもふくよかになって
より相性が良くなるのでしょう。

08

ごまだれのツユも、胡麻のコクが存分に感じられて好印象。
交互につけていただくと、お互いの個性が際立っていいですね。

09

蕎麦を平らげた後は、蕎麦湯をいただきます。

熱々で濃厚な蕎麦湯を、棒でかき混ぜてから注ぐと
蕎麦の薫りがグッと力強くなって、思わずニンマリ・・・。

ごまだれの方でも試してみましたが
こちらもまた面白い風味になって、
最後まで楽しませていただきました。

02

ご無沙汰しております。
久々に更新を。
最近は築地はおろか、都内にすら食べ歩きだけのためには
行かなくなってしまった私・・・。

そんな私が先月中旬の週末に
ツレにせがまれて訪れたのは、千駄木にある「 焼鳥 今井 」。

01

焼鳥メインの鳥料理が評判の店なんですが
日曜は特別にランチ営業をしているのですよ。

そのランチの親子丼も大変人気でして
オープンまでに15名ほどの行列が!

こちらに通っている食べ歩き仲間の方々と合流し
静かに順番を待つのでした。

03

無事に入店出来まして、注文を。
この日のメニューはこんな感じ。

※ メニュー写真が撮れなかったので
店のツイッターからお借りしました。

04

ご主人が軽快なトークとともに熟練の手さばきで仕上げた
美味そうな丼が運ばれてきました。

私が注文したのは
バルバリー鴨丼(フォアグラ入)・1800円。

05

高級食材バルバリー鴨は青森産。
オレンジ色に眩く光る玉子の中に
ロース肉がごっそりと・・・。

06

フォアグラも結構な大きさじゃないですか。

ご主人から
胡椒をたっぷりかけて召し上がってください!
と言われたので、念入りにかける私(笑)。

07

いただきますと、鴨肉はしっかりした歯応えで
旨味が強く、鴨自体の味わいも強めです。
ほんのりクセを感じさせますが、胡椒が後味を引き締めてくれます。

玉子はふわふわ&とろとろの申し分ない火の通り具合。
割下があっさりとして、後味に変な甘みが残らないのが私好み。

フォアグラもレアな火加減で
まったりとしたコクのある脂がいいですね。

08

終盤には、別添えのカレーそぼろとパクチーを投入。

09

すると一気にエスニックな味わいに変わって
これが実に楽しく美味しい・・・。

パクチー好きの私としては
おっかけパクチーしたいくらい(笑)。

ただカレー風味がかなり強いので
序盤に入れるのはあまりオススメいたしません。
スパイスの香りが支配的な丼になってしまいますからね。

10

ツレが頼んだ 親子丼(コーチンモツ入)・1300円 も
少しいただきました。

元々割下が親子丼用に作られているだけあって
丼としてのバランスの良さは、鴨丼よりも上だと思いました。
そしてモツがとんでもなく旨い・・・。
私が食べたフォアグラが霞むくらい(笑)。

次に来るときは、京あげやモツを入れた親子丼を
食べてみようと思います。
夜にもいつかお邪魔せねば・・・。

01

先月下旬、「 都寿司 」に五ヵ月ぶりの訪問を。
土日はランチ営業もされているので
半年前に予約をとって、初めてお昼にうかがってみました。

02

ランチも夜と同じく、つまみと握りのコース・15000円(税抜)が基本。
ツレと並んで座り、いつも通りコースでお願いしました。

お茶とともに出されたのは、枝豆。
出す直前に茹で上げられるので、中がほんのり温かいのです。

03

最初の刺身は 北海道様似のつぶ貝 から。
包丁が見事に入って、独特の食感を際立たせます。
塩だけでいただくのが一番かな。

04

続いて 北海道羽幌のシマ海老。
ねっとりとして、コクのある甘み。

05

気仙沼の鰹のヅケ。
あさつきと生姜の風味が感じられ、脂の旨味だけでなく
高貴な味わいに昇華させています。

これは初めていただきましたが、素晴らしい。

06

お馴染みの たいら貝の西京漬け。
たいら貝の歯ざわりの良さを引き出すカットで。

07 08

お初の ばちこ と、お馴染みの シマ海老の頭のミソ。

ばちことはナマコの卵巣を干したものなんですが
こちらのは水分を含んでやわらかく、官能的な舌触り・・・。
香ばしい海老ミソも反則的に旨いなぁ。

09

私にとって、「都寿司」での最後のつまみは
大好物の のどぐろの塩焼き でした。

・・・そう、実は今回が最後になるのですよ。

10

ガリが用意されて、握りに入ります!

馬喰横山にある「日本橋橘町 都寿司」は
今年9月をもって閉店し
日本橋蛎殻町に移転されるのです。
屋号も変更されるということで、
「日本橋橘町 都寿司」があるのもあと二ヵ月。

11

もちろん、その残されたわずかな期間は既に予約で埋まっているので
私が「都寿司」で食べられるのは、今回が最後なのです(涙。

一貫目は 小肌 から。
毎年この時期には新子を出しているのですが、冷夏が続いた影響か
今年は7月下旬になってもご主人のお眼鏡にかなう新子がないそうで。

うぐぐ・・・。
夏の 新子初め は、こちらで迎えたかった。

しかし小肌も絶品だなぁ。
ピシッ!と酢が馴染んで、身がふわっとやわらかく
ほどよい脂のノリと歯応え。

12

二貫目は皮目に脂がのった 真鯛。
この時期なのに旨味十分ですね。

思えば三年前の7月、
歌って踊れるグルメな司会者にして
人気ブロガーのまいたーんさんに
ここに誘っていただき、一夜で虜となってしまったのです。

13

あまりの美味しさに、その場で8月&9月の予約を入れてしまったのは
恥ずかしくもいい思い出(笑)。
半年以降の予約ですら、取れるかわからない今となっては
考えられないほど贅沢な話ですな・・・。

ワタの部分に少しだけ火を入れて、臭みを消した とり貝。
「都寿司」、「鮨はしもと」で初めての客を必ず驚かせる一貫。

14

「都寿司」の中でも小肌と 春子鯛 は特別なんですよ。
どちらも〆加減、塩梅が絶妙で
完璧なバランスだと強く感じさせるのです。

15

戸井の本マグロの中トロ。
これもまた赤身と脂のバランスが完璧な一貫!

16

鯵 は「都寿司」の握りの定番の一つ。
ただ脂のノリがいいだけでなく、身質がしっかりしてるんです。

17

最初の訪問から最後の訪問まで、毎回魅了されたのが 車海老。

技術を受け継いだ「鮨 はしもと」でも
この旨さの域には達していないと、私の周りの人達は言います。
・・・正直、私にはその違いがよく判らないのですが(爆)。

18

金目鯛 の脂に、ワサビでは負けてしまうので
カラシを乗せて後味を爽やかに。

香ばしく炙られた皮目の脂の甘みがたまらない!

19

唐津の赤ウニ。
濃厚な甘みがのどを通った後に、余韻が長く残ります。

20

とろとろの 煮穴子 で
私の「都寿司」の握りは、終焉を迎えたのでした。

21 22

最後の 玉子焼 と あさりの味噌汁 の味を
私は一生忘れないでしょう。

23

このカウンターに座ることが、もうないと思うと
なんとも切ない・・・。

日本橋蛎殻町の新店は、11月頃を予定されてるそうです。
私も出来るだけ早く伺いたいですが、
既に来年の2月までは予約が埋まっているとのこと。

私がお邪魔できるのは、次の夏かもしれません。

01

二週続けて週末は築地へ。
予想はしてましたが、場内はどこも大行列!
「天房」で稚鮎を食べる夢は、儚く潰えたのでした・・・。

入れそうな店を探していたら、「 江戸川 」に待ち無し!
店内満席でしたが、ほどなく入店出来ました。

02

久々の訪問となりますので、メニューをのせておきましょう。
6年前と比べても、値上げ幅は10〜50円と実に良心的。

03

ハシゴを予定してますので、ツレと二人で軽くいただきますか。

04

まずは 豆腐のみ・220円 と タラ煮(小)・550円。

肉豆腐の肉抜きだから、豆腐のみ。
タラ煮はミニサイズでも注文可なんですよ。

05 06

牛肉の旨味がたっぷりとしみた豆腐の美味いこと!

タラ煮は甘辛く煮付けてあって、プリプリとした食感。
薬味を何も入れないのがこちらのこだわり。
ただ私としてはタラにちょっとクセがあるので
ネギくらい入れて欲しいんですよ(笑)。

07

お次は旬の ほたるいか酢みそ和え・600円。
薫りと食感で鮮度抜群なのが判ります。
ワタの甘さがなんとも言えず・・・。

でもこの量で600円は高いなぁ。
まぁ、築地の店が高いのは百も承知なんですけどね。 (^^;

ホタルイカをつついていると、
食べ歩き仲間がフラリと入って来られました。
きっと私達のように、他に入れなかったのでしょうね。
久々にお話出来て、嬉しかったです。

08

最後はタラ煮と同じくこちらの看板メニューの一つ。
マグロぶつ・750円。

赤身や脂がほどよくのったトロが無造作に盛られます。

09

これがまた美味いんですよ・・・!
形や色が若干悪く、ちょいとスジもありますけど
それが気にならないほどの美味さ&安さ。

いいマグロ使ってます。
こちらに来たら注文必須のメニューと言えるでしょう。

他店の行列に跳ね返されて、久々にお邪魔しましたが
美味しさが変わってなくて安心しました。

01

今朝は急遽予定を変えて、「 カレーのアキンボ 」の記事を。

何故変更したかというと、今朝方 店のTwitter
『 昨日3月15日をもって、営業終了した 』 ことを知ったから。

実は「アキンボ」で食べたのにアップしてなかった記事が一本ありまして
回顧録的な意味も込めて、その記事を眠りからおこすことにしました。

02

最後に訪れたのは2013年11月の夜でした。
前菜は サバの揚げ漬け、レンコンのオイル漬け、ピクルス。

サバが特に印象に残る美味しさでした。

03

この夜のお目当ては週替わりの 牡蠣カレー でした。

04

大ぶりの牡蠣やキノコ、野菜が入ったカレーが雑穀米の上にたっぷりと。

提供直前に牡蠣はサッと火を通されるので
プリッとした食感がよく、旨味が活きています。
スパイスが磯の風味と巧みに合わさって、複雑で奥深い薫りに。

05

硬めに炊かれた雑穀米の食感や
そえられた生姜や香草の薫りも実に相性がよく
旨さの深淵までいざなわれました。

昨年の牡蠣カレーも狙っていたのですが
残念ながら機会を逸して食べられなかったのです。

カレー好きの友人からオススメされて、初めて伺ったのは3年前の夏。
記事にしてない訪問を合わせても、伺ったのはたった7回ほどでしたが
美味しさといい、店の雰囲気といい、とても魅力的な店でした。
正月にビリヤニ風の炊き込みカレーを食べたのはいい思い出・・・。

閉店真近の混雑を避けるために、事前告知はされなかったそうですが
いかにもあそこのご主人らしいと感じました。
今後は出身地の佐賀に戻って、新たに店を開かれるとのこと。
きっと佐賀でもみんなに愛される店になることでしょう。

01

1月に続いて2月にも「 都寿司 」に伺う事が出来ました。

1月の記事は こちら

02

前回同様になまこ酢の後に出されたのは
佐島のタコ と 愛知のミルガイ。

タコは弾力があるのにやわらかく、簡単に噛み切れます。
噛むごとに旨味と薫りが口いっぱいに!

ミルガイは塩で〆られることで、甘みが引き出されてます。

03

刺身は他にも カワハギ が。
11月と1月にもいただきましたが、これは毎月食べても飽きない美味しさ!

04

肝醤油で食べると、まったりとした旨味がたまらないですね。
心までとろけます(笑)。

05

ツマミで他に印象に残ったのは 牡蠣の味噌漬け。
牡蠣の旨味が味噌に漬けることで何倍にもふくらみ
コクのある甘みが味に奥行きを・・・。

飲める人ならこれだけで一合あけてしまいそう。

06

ツマミの最後は毎回焼き物でして。今回は太刀魚。
11月のえぼ鯛、1月のノドグロも美味かったけど
これが一番私の好みかも。

脂がのっているのに、後味が爽やかなんですよ。

07

握りは11月と1月にいただいたものと、さほど変わりないので簡素に二貫紹介。
まだ旬には少し早いけど、やけに美味しかった 春子鯛。

「都寿司」の定番の握りの一つですが、これと小肌は外せません。
シンプルに見えて、大変な手間がかかっているんでしょうね。

08

お次は カンヌキ。
サヨリの大きくなったものですが、決して大味ではないんですよ。

サヨリに比べ、力強い旨味が魅力。
こちらも春を先取りしたネタといえますね。
でも個人的には繊細な味わいのサヨリの方が好みかな(笑)。

09

〆のお椀は大好きなのですが、最後を告げる一品でもあるので
哀しいお椀でもあるのです・・・。

たて続きに来ることが出来た「都寿司」ですが
次に行けるのは夏になりそう。
春は他を何軒か回って、お気に入りの店を探してみようかな。

01

1月中旬、冬の味覚を楽しもうと「 都寿司 」へ。

02 03

年明けの挨拶を済ませた後、ツレと並んで座り
今回も ツマミと握りのコース・16200円 を。

お通しはコリコリした なまこ酢。
下手な店で食べると臭みやヌメリが残ってますが
こちらでは丁寧な仕事がなされ、完璧な仕上がりに。

04

刺身はともに北海道のもの。
様似産のツブ貝 と 野付産の天然ホタテ。

色合いが微妙に異なるのがお分かりいただけるでしょうか?

ツブ貝は薫り豊かで、ホタテは天然ならではの主張の強い味。
私もこういうワイルドな漢(オトコ)になりたいものです。

05

続いて前回(記事は こちら)もいただいた タラの白子 を今回は焼きで。
白子が熱されることで旨味が増し、よりまろやかに。

でも私は白子はサッと煮て、ポン酢で食べるのが一番好みかな。

06

同じく前回もいただいた 〆鯖巻。今回は石巻産の鯖。
秋にいただいた鯖よりも脂がのってました。

他にカワハギの刺身(肝醤油)、コノワタの茶碗蒸しもいただき・・・。

07

焼物はお久しぶりの ノドグロの塩焼き。
今冬初のノドグロは、こちらでいただくことが出来ました。

これでもか!というほどに脂がのってます。幸せ!

「寿司大」のノドグロも食べたいけれど
今の3時間待ちが当り前の状況では無理な話・・・。

08

さて握りに移ります。
定番の小肌に始まり、真鯛、鰆など前回と変わらず美味。

そして楽しみにしていた ブリ はヅケでの登場。
薄切りのブリを炙った後にヅケにすることで
香ばしさが生まれ、甘い脂が舌によく馴染む感じ。

独特のスタイルですね。これ美味いなぁ・・・。

09

中トロ、サヨリを挟んで
築地に通っている舌の肥えた友人達をも唸らせた 車海老。
こちらの外せない定番の一つ。

10

面白かったのはこの手巻の 鉄火巻。
ご主人がまかないで食べたものがあまりにも旨かったらしく
今回めでたくコース入り。

漫画 『 美味しんぼ 』 をこよなく愛す友人がこれを見たら
『 ちゃんと寿司巻きを使って巻いてもらいたい。 』 なんて言いそう(笑)。
でも手巻にも細巻にも、それぞれ違った魅力があるんですよね。

マグロの質の良さは言うまでもなく。
シャリを優しく包む海苔は、パリッとした食感の良さが際立ってました。

11

握りは他に定番のウニと穴子をいただき、〆はアサリの味噌汁と玉子焼。

焼いた後に一晩寝かせることによって、味を落ち着かせた玉子焼。
しっとりした滑らかな舌触りがとても好きです。

冬の「都寿司」にも満足させていただきました。

01 02

ブログを休止中の11月下旬、体調の悪さにも負けず
大好きな「 都寿司 」へ半年ぶりの訪問を。

今回も ツマミと握りのコース・16200円 でお願いしました。
特に印象の残ったものを、サラリと紹介いたします。

03

ほんのりと温かい銀杏の後に出されたのは
カワハギの刺身。

04

十分に熟成されて旨味の増した身を
肝醤油でいただくというこの上ない贅沢・・・。

この肝醤油がまた凄い!
普通に肝を乗せて食べるよりも風味豊かで、舌触りが滑らか。
それでいてちゃんと肝の食感も適度に楽しめるのがニクい。

05

三陸の 〆鯖巻 も素晴らしかったツマミの一つ。

極上の鯖が持つ脂って、甘さが力強いのにスッと消えて
ノドを通った後に長い余韻を残すのですよ・・・。

間に挟まれたのは大葉、アサツキ、ガリ。
爽やかな薫りが加わり、食感にもアクセントを。

06

口の中でとろける タラの白子 も実によかった。
白子はよそでも何度かいただきましたが、こちらのものは別格!
雑味のないピュアな甘みが堪能できます。

ツマミは他に蝦蛄や平貝の西京漬け、牡蠣の味噌漬けなど。
焼物はえぼ鯛でした。

07 08

さて握りに移ります。定番の小肌、真鯛に続いて出されたのは
スモークされた薫りのよい 鰆 と甘みあふれる スミイカ。

09

中トロ は大間産。
こちらで大間のマグロをいただくのは初めてかな。
時期によって産地が毎回異なるんですよ。
上品な脂のノリで、赤身の味もしっかり感じさせてくれる
バランスのよい中トロでした。

10

他には定番のアジや車海老。赤貝やウニも。
特に印象に残る旨さだったのは 金目鯛。
これからの寒い時期、より美味しくなるのでしょう。

握りの最後はいつも通り穴子をツメでいただき
玉子焼と味噌汁で〆。

秋の「都寿司」も素敵でした。
嬉しいことに冬にも予約が取れたんですよ。
今から楽しみにしています・・・。

同じ11月に訪問されたまいたーんさんの記事は こちら
そうさんの記事は こちら
ヤスタカさんの記事は こちら
猫村さんの記事は こちら

皆さん、ブリを召し上がっておられますね。
私も次回は絶対にいただかないと!

01

滅多に予約の取れなくなった「 都寿司 」。
今夏もなんとか訪問することが出来ました。

店頭には鮮やかなオレンジ色の ほおずき が。

02

今回も つまみと握りのおまかせ・15000円 + 税 を注文。
お通しはほんのりと温かい 枝豆 でした。

03

最初に出される刺身のクオリティで
その日の魚のレベルを推し量ります。

まずは 青森の平目 から。
しっかり熟成されてこそ到達する旨味の極み。

04

釧路のつぶ貝 も薫り豊かで、サクッ!とした歯ざわりが素晴らしい。
・・・この日の魚も間違いないと確信しました。

05 06

続いて前回食べられなかった シマ海老の刺身 と 頭の味噌。
味噌だけでも美味しいですが、やっぱり身の甘さも味わいたいですからね。

07

「都寿司」のつまみの中でも五指に入るお気に入りなのが
この たいら貝の味噌漬け。
味噌に漬けることで身はやわらかさと弾力を増し
味と薫りに奥行きが生まれます。

08

つまみの最後は えぼ鯛の塩焼き。
皮目に脂が想像以上にのってました。

09 10

さて、握りに入ります。
夏の楽しみといえば新子。

こちらでも 新子 と 小肌 の食べ比べを。
「寿司大」でも新子をいただきましたが
身のふんわり感、味の繊細さなどに明確な違いが。
生涯でこのレベルの新子をあと何回味わえるのだろう・・・。

小肌のより成熟したオトナの旨味も特筆もの。
出来るならそれぞれ五貫ずつぐらい食べたかった(笑)。

11 12

前回もいただいた 真鯛 と 鰹。
真鯛はよかったけれど、鰹は前回の美味さに及ばず。

13 14

スミイカ と 鯵。
特に印象に残ったのはスミイカの方。
そろそろ新イカ(スミイカの子供)の季節ですね。

15

松前の本マグロの漬け です。夏は脂が落ちる生マグロ。
良いものを仕入れるには苦労されてるんでしょうね。

薄切りをくるくると巻いた珍しいスタイルで登場。
漬かり具合が均等になるように計算してのことでしょうか。

16

赤身の次は 中トロ が。
これは思わず唸ってしまう美味しさ・・・。
さらっと溶ける脂と、爽やかな赤身のバランスが見事!

17

この日、光り物とマグロに負けない存在感を放っていたのが
大分の車海老。

いつも以上に身が甘くジューシーで、弾ける様な弾力がたまらない!

18 19

ひたすら甘い 函館のウニ と 名残惜しささえ感じさせる 穴子 で握りは終了。

穴子は基本的にツメ派なんですが、珍しく塩で。
穴子本来の甘さがクリアに感じられるのはこちらかな。

20 21

コースの最後はいつも通りに 玉子焼 と アサリの味噌汁。
今回も大満足させていただきました。

次に来れるのは何月だろう・・・。
冬の間にも一度は訪れたいので、頑張って予約をとらねば!

01

来週25日(月)で閉店する「 豊ちゃん 」へ行ってきました。
ちょうど開店したばかりの朝7時に到着。

店の写真を撮っていると、築地を愛するお仲間がふらりと・・・。
最後になるかもしれない「豊ちゃん」で、何を注文されたんでしょうね?

02

カレーやハヤシライスは既にメニューにありません。
夏限定のドライカレーをもう一度食べておきたかったです。

03

私の「豊ちゃん」での最後のオーダーは かつ丼・1060円。
味噌汁・100円 もお願いしました。

まず味噌汁から一口いただくと、塩辛い!
具にはデロデロに溶けたワカメが少々。
開店したばかりなのに、どうしてデロデロなんだろう。 (-o-;

04

ご飯に玉子でとじたカツ煮を乗せた王道スタイル。
市場で働く男達が好むのか、濃い目の味付け。
一緒に煮られた玉ねぎの甘みもしっかり。

三つ葉が煮る段階で入れられているので
しんなりして薫りや食感が損なわれているのが少し残念かな。

05

豚肉やお米の質が特別よいわけではなく
正直絶品と言えるカツ丼ではないのだけど
普通に美味しい
というのが、長年愛されてきた理由かもしれないですね。

06

まもなく閉店すると知ると
看板の子豚のコックの顔もどこか寂しげに見えてしまう。

9月から後に入るのはどんな店なんでしょうね?
カツ丼も食べられる海鮮丼専門店とかだったら哀しいなぁ(笑)。
今はただ純粋に期待を持って、来月を待つことにします。

私の無粋な感想とは違い、全ての写真と文章から
「豊ちゃん」への愛情と感謝の気持ちがあふれている
素敵な記事は こちら

このページのトップヘ